司法書士法人A.I.グローバル | 東京・大阪・名古屋・仙台・札幌・広島・福岡

不動産登記、相続登記、会社設立、商業登記、債務整理、成年後見、裁判手続き、少額債権回収のご相談なら
司法書士法人A.I.グローバル

  • 法人案内
  • 司法書士紹介
  • 営業所一覧

ホーム > 業務案内 > 会社設立/商業登記

会社設立/商業登記 Company Establishment / Trade Register

司法書士は会社設立の関する手続き(書類作成、登記申請)の専門家です。
会社を設立するためには、定款を作成し、会社を設立する本店所在地に登記の申請を行う必要があります。
司法書士法人A.I.グローバルは、株式会社、合同会社等会社の種類を問わず会社設立に関する書類作成、登記申請等会社設立に関する一切のお手伝いをいたします。お気軽にご相談ください。

会社設立までの流れ

  • 事前相談(基本事項の確認、組織体制の確認等)
  • 商号調査
  • 定款作成、認証
  • 出資金の払い込み
  • 設立申請書類作成
  • 設立申請書類提出
  • 書類取得

設立費用が4万円安くなる!電子定款対応

会社を設立する際には、会社の基本事項を決定した定款を作成しますが、この定款は作成後に公証役場で公証人の認証を受ける必要があります。 そして、公証人の認証を受けるには、以下の費用がかかります。

  • 定款認証手数料(謄本作成料含む) 約¥52,000-
  • 印紙代 ¥40,000-(紙ベースの定款に関してかかる印紙税)

しかし、電子署名を用いて電子定款を作成し、認証を受ける場合にはこの印紙税4万円が不要になります。

なぜ、印紙代4万円が不要なのかですが、簡単に説明いたしますと、税法上、紙の場合は印紙が必要ということになっているので、電子データになれば不要ということになるのです。 司法書士法人A.I.グローバルでは、どのような形の会社にするか等の段階からのご相談も承ります。 お気軽にご相談ください。

会社設立後の変更登記

会社を設立するときには、設立の登記をしますが、会社設立の登記が終わったあとにも、

  • 会社の目的の変更・追加があった
  • 役員を変更した
  • 会社の所在地を移転した

など会社の内容に変更が生じた時には法務局へ登記する必要があります。

ただ、登記申請の書類作成や手続きは、面倒で時間と手間がかかります。 司法書士法人A.I.グローバルでは、会社の登記の専門家である司法書士として、書類作成し、登記申請の代行をいたします。 会社に関する登記を行う必要がある場合は、お気軽にご相談下さい。

ご依頼・ご相談はこちら